メーター修理・加工のモビーディック

2012年07月31日

雑誌「GENROQ」に載っています

こんにちは。
今日も暑いですね。
夕方になると涼しくなるかな?
先週は熱中症で約8,700人も救急車で運ばれたそうです。
こまめに水分を取るようにして気をつけましょう!

さて、雑誌「GENROQ」9月号、P.238にモビーディックが載っています。
genroq1209-c.jpg

genroq1209-p.jpg

マクラーレンSLR、マセラティグランツーリズモ、ポルシェ991と928、ディアブロ、ハマーH2の事例が紹介されています。
不具合の修理や、
マイル表示をキロ表示にするのは勿論、
盤面のカラー、フォントもオーナー様のご希望通りに仕上げることも可能です。

皆さんも「自分のメーターが○○だったらいいのにな」と思ったら、
モビーディックに連絡してきてください。
お待ちしています。
posted by mobydick at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月28日

ホンダCL72メーター修理

こんにちは。
ロンドンオリンピックの開幕です!
これから寝不足の日が続くと思いますが、
がんばれニッポン!

さて本日のメーター紹介は、
1962年生まれのオートバイです。
これは、ホンダCL72ドリームスーパースポーツというバイクです。
僕がまだ小学3年生のころにデビューしたバイクですが(というと年がバレますね 笑)、
まだまだ世界中でこんなにお年を召したバイクが頑張っているのかと思うと
頭の下がる思いです。

<修理前>
CIMG7277_2.JPG

このメーターの依頼内容は、
メーターをマイルからキロに変更したいとのこと。
しかし、メーターが普通に作動しなければ意味がありません。
まず第一に修理可能かどうか診断することです。
ご安心ください、もちろん修理は可能です!
これが↓メーターを分解した部品の数々です。
<メーター分解部品>
CIMG7280_2.JPG
手直しで直るものや、交換しなければ無理なものもあります。
絶対に交換しなければならないのはマイルギアです。
これをキロのギアに計算した歯数のギアを製作して交換するのです。
そして文字盤もギアと同じくマイルからキロに計算し直して、
目盛を割り振って文字盤を製作します。
そして完成したメーターがこれ↓です。
<修理後>
CIMG7298_2.JPG
どうです、見事に生まれ変わったと思いませんか?
これでまた50年の年を経て、
今また元気な姿を皆さんにお見せできるということです!
素晴らしいですね!

旧車に御乗りの皆さんメータートラブルで御困りの時は、
モビーディックに何でもご相談ください。
それではまた・・・



posted by mobydick at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月21日

CB1100Rメーター修理

こんにちは。
今年の梅雨も終わり暑い夏が来た!
と思ったら、今日はとても過ごしやすい陽気ですね。

さて、本日紹介するメーターは、
ホンダCB1100Rのスピードメーターとタコメーターの修理です。
<修理前>
CIMG7271_2.JPG

CIMG7275_2.JPG

この2つのメーターは一台のバイクのものではなく、
たまたま同じ日に修理依頼が来たものです。

スピードメーターの方は、指針が折れているのが解りますね。
これは、ケーブルで回転するシャフト部分の焼き付きが原因で、
指針が異常な動きで回転して、指針が耐えきれず折れてしまったんです。
ただ、いきなり指針が折れることはありません。
その前に指針が振れだしたり、異常な音がしたりします。
もし、そんな現象が出たらまずケーブルを外して下さい。
外すことでそれ以上メーターに負担が掛かることがなくなります。
そのあとでバイクに乗らない時間をみつけてモビーディックにお預けください。
<スピードメーター修理後>
CIMG7273_2.JPG

次にタコメーターです。
修理のために一度分解します。
<分解図>
CIMG7281_2.JPG
分解する順番は、
ケースからメーターの機械部分を外し、
そしてこの画像に並べたように右から順番に
指針、ネジ、文字盤、スピードカップカバー、フレーム、スピードカップ、軸受を外します。
そしてやっと最後に故障原因のマグネットシャフトにたどりつきます
それを修理または、交換してまた順番に組み上げていきます。
これでやっと完成です。

また、いつものように機嫌よく働いてくれるようになりました。
今のシーズン、バイクに乗る機会が多くなると思いますが、
メーターの声を聞いて、赤信号になる前に修理しましょうね。
それではまた・・・






posted by mobydick at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月14日

BMW F10/F11 メーター加工

こんにちは。
九州では記録的な大雨で大変な被害が出ています。
ここ数年、地球規模で異常な自然現象が世界中で被害をもたらしています。
我々人類では、どうすることもできません。
できることは、今まで私たちが知らず知らずやってきた、
自然破壊をやめることです。
一人一人が意識を持って取り組んでいくしかありません。
皆で大切な地球を、守っていきましょう!

さて本日は、
BMW F10/F11 6代目 5シリーズのメーターです。
<加工前>
CIMG7202_2.JPG
今回の依頼は、このノーマル、ブラックフェイスの文字盤を、
アルピナ仕様にカスタムしたいとの注文です。
いつもの通り文字盤の版下を作成します。
まずは、数字のフォントをアルピナ仕様に変更します。
もちろんタコメーターには、オシャレに“ALPINA”のロゴも入ります。
これで版下も完成して、初めて版を焼くことが出来るわけです。
文章では、たった3行ですが、これが一番時間を要します。
版が出来上がれば、次に印刷になります。
その前にアルピナブルーの色の調合です。
これがまた調合するのに、一発で決まったことはまずありません
やっと出来上がり印刷になるわけです。
そしてこれが完成したメーターです。
<加工後>
CIMG7217_2.JPG
そうそう、指針もレッドに変更しました。
どうです?見違えるようなメーターに変身したではありませんか!

これで皆さんも、メーターカスタムに関心を持ってくれたかな?
もしメーターのことで、何か解らないことがあったら、
何でもモビーディックまで問い合わせてください。
お待ちしています。
それではまた・・・
posted by mobydick at 10:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月07日

AE86メーター加工

こんにちは。
梅雨のシーズンもあと少し。
じめじめした雨の日が終わりを告げると
暑い暑い夏がやってきます。
今年の夏も去年と変わらず節電ですね。
皆さんあまり無理をしないように!
節電も大事ですが自分の体が第一ですから。

さて本日は、
1983年デビューのAE86のメーター加工を紹介します。
この車はカローラレビン・スプリンタートレノの名前で
販売されました。
当時も人気がありそこそこ売れていましたが、
そのあと「頭文字D」の漫画の主人公が乗っていたことで爆発的に人気がでました。
絶版から20年以上たった今でも
程度の良いものは新車と変わらない価格で取引されています。
そこで、今回依頼されたメーターがこれです。
<加工前>
CIMG7239_2.JPG

約30年の時を経ても今でも正常に作動していました。
もちろん、せっかくメーターをカスタムするのですから、
オーバーホールもきちんと施しました。
依頼内容は
・スピードメーター180キロ ⇒ 220キロのフルスケール
・タコメーター8000回転 ⇒ 9500回転にスケールアップ
です。

<加工後>
CIMG7253_2.JPG
写真を撮るのにメーターのレンズが反射してしまい、
上手く撮れなかったのでレンズを外した状態で撮りました。
どうです、スポーツカーらしくなりましたよね?
AE86のオーナーの皆さん、
あなたの愛車もメーターカスタムで楽しんでみましょう!

他にもメーターのことで何か解らないことがあったら
なんでもモビーディックにご相談ください。
それではまた・・・
posted by mobydick at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記