メーター修理・加工のモビーディック

2014年04月26日

ラビットメーター 修理

こんにちは。
今日から長い連休が取れる方はゴールデンウィークですね!
今回のゴールデンウィークは平日が所々入ってしまい、
休みが取りにくい方もいそうですね。。。
皆様はどこかお出かけの予定などはありますか?
どこも混んでいそうですが、
休みとなるとやはり出かけたくなりますよね!
モビーディックは休まず営業しているので、
行くところに困ったら是非!!!

さて本日のお題は、
ラビットのメーター修理です。
ラビットスクーターは昭和の感じが醸し出ていていい雰囲気ですよね。
そんなメーターが壊れてしまって、
乗れなくなってしまったら悲しいですよね。。
壊れてしまったメーターがこちらになります。
<修理前>
CIMG6684_3.jpg

年季が入っていて所々錆びていますね。
ウサギのマークも入っていてカワイイです。
そんなメーターをモビーディックなら再生しちゃいます!
修理のため中を開けてみたら外側より錆びていてビックリでした。
そんな錆びを全てキレイにし、
完全再生したメーターがこちらになります。
<修理後>
CIMG6726_3.jpg

外装も文字盤もきれいになりましたね。
もちろん積算計も針も元気よく動いてくれます!
この古き良きバイクは壊させません。
平成の時代も変わらずに動き続けてくれること間違いなしです!

古いバイク、車のメーターが動かなくなってしまったら
諦めてしまう前にモビーディックに見せてみてください。
お客様の愛用車を復元させてみせます。
それではまた。。
posted by mobydick at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月19日

コルベットC1 メーター修理 & 加工

こんにちは。
トヨタのパッソが新世代ガソリンエンジンを搭載して、
マイナーチェンジで生まれ変わりましたね。
今回の仕様変更で、
登録車ガソリンエンジンモデルで世界最高の燃費を達成しましたね。
日本のエコカーの技術がどんどん上がっていってますね。

さて本日のメーターのお題は、
コルベットC1のメーター修理と加工です。

コルベットといえば1953年にプロトタイプが披露され、
翌年に生産を開始されましたが、
初期のC1型コルベットは、最高出力150馬力と
貧弱な3,859ccの排気量を持つ水冷直列6気筒OHVエンジン、2速ATなど、
少なくとも本質的な走りを重視する人々の琴線を刺激するだけの魅力は持ち合わせておらず、
しかも品質不足での購入者からの苦情も殺到されていたようですね。
そんなコルベットを見放さなかった結果、
コルベットの評価を一転させるマイナーチェンジが行なわれたんですね。
最後期には300馬力オーバーに
シボレー・セダン用の4,343cc水冷V8 OHVエンジンを専用にチューンを施し
トランスミッションもボルグワーナー製の3速MTが選べるようになり、
と色々もう別物になってしまった感じですよね。

そんなコルベットのメーター加工ですが内容がこちらになります。
@文字盤は黄色に変更
A文字と針は赤に変更
Bマイルからキロに変更
C華氏から摂氏に変更
そして加工前のメーターがこちらになります。
<加工前>
CIMG8801_2.jpg

渋くてカッコいいですよね!「THE アメリカ」って感じのメーターです。
このメーターを先ほど書いた4点の加工を施します。
するとこのようになります。

<加工後>
CIMG8874_2.jpg

さらにカッコよくなりましたね!
赤に黄色って合いますよね。
益々「THE アメリカ」って感じに仕上がりましたね!

車に乗っていてメーターが見飽きたな。。
とか思ってきたらぜひモビーディックにお問い合わせください!
一新して真新しくしましょう。
それではまた。。。
posted by mobydick at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月12日

マセラティ メーター加工

こんにちは。
4月11日にBMWが世界全体で
48万9000台をリコール対象としましたね。
エンジンのねじの不具合に伴い、
中国で始めたリコールを拡大したようですが、
BMWでは一部の6気筒エンジンに関連した
この不具合による事故や負傷の報告はないと説明しているようです。
つい先日トヨタでもありましたし、自動車業界ではリコール問題が増えていますね。。
モビーディックも気をつけなければ!!

さて本日のお題はマセラティのメーター加工です。
マセラティといえば、
1914年にイタリアのボローニャで設立されたスポーツカーメーカーです。
その後1993年以降にフィアット社の傘下となり、
モデナを本拠とする会社組織「Maserati S.p.A.」が設立されていますね。
と色々書きましたが、
一言で言ってしまうと、
イタリアって車でもお洒落でカッコいいなって感じてしまいました。
そんなマセラティのメーターですが加工前がこちらになります。
<加工前>
CIMG8876_2.jpg

時計とメーターの色が違いますね。。
お客様のご要望が
「ホワイトメーターにして欲しい」
との事なのですがこれなら納得です!
同じ色にしたいですよね。
モビーディックはお客様のご要望に応えられるように
文字盤を作成しました。

できあがったメーターがこちらです。
<加工後>
CIMG8882_2.jpg

きれいなホワイトメーターが出来ましたね!
やはり高級車にはホワイトメーターが映えますね。
マイルもキロに変更しましたし、
これで気持ちよく走れますね。

皆様も世界に一つしかない
自分のオリジナルのメーターを作ってみませんか?
こんなものが作りたいなどありましたら、
すぐにご連絡下さい。
それではまた。。。
posted by mobydick at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月05日

ホンダS800メーターレストア

こんにちは
本日は天気もよろしくお花見日和です。
みなさんもう花見はしましたか?
モビーディックの地元板橋では石神井川があり、
そこでは毎年川沿いにみごとな桜が咲き誇ります。
そこに今年も愛犬を従えて散歩がてらお花見をするのが恒例となっています。
日中の桜もきれいですが夜桜見物も粋なものですね(飲みすぎに注意)

さて本日のメーターはホンダS800のメーターです。
この車はホンダ・S500、ホンダ・S600に引き続き、
Sシリーズの第3弾として1966年1月から1970年5月の間に生産された、
日本のスポーツカーの草分け的存在です。
その車のメーターも約半世紀にわたり頑張ってきたわけですが、
年齢には勝てず御覧のように年老いてしまいました。
<加工前>
CIMG8584_2.jpg

そこで我らがモビーディックの出番というわけです。
まずはこの4個のメーターをテスターにかけて点検します。
そこで一つ一つのメーターのデータをとるわけですが、
メーターが壊れて作動しないものもあるわけです。
ですが、私どもの持っている資料からデータを見つけることで解決できます。
そして分解オーバーホールして出来上がったメーターがコレです。
<修理後>
CIMG8739_2.jpg
半世紀の疲れも取れて見事に復活いたしました!
これからも元気に走り続けることを願っています。

みなさんも大切なお車のメーターで何かお困りのときは
なんでもモビーディックまでご相談ください。
それではまた・・・
posted by mobydick at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記