メーター修理・加工のモビーディック

2014年11月29日

ホンダCL77メーター修理

こんにちは。
いよいよ12月14日は衆議院選挙です。
そもそも今回の解散選挙の目的はなんぞや!
巨額の税金をばらまいて行わなくてはならないのか、
私はまずそこに目が行ってしまします。
愚痴を言っても始まらないので、
誰に投票するか真剣に考えたいと思います。

さて本日のメーターは、
ホンダドリームCL77のメーター修理です。
今回の修理内容はというと、
スピードメーターのレンズを割られてしまったので、
それを修理してほしいとの事です
これが割れたガラスです。
CIMG9544_2.jpg
バラバラに割られたガラスを集めて。
なんとかテープで形を整えました。
これで大体の大きさが分かったので、
ガラスカッターで同じ大きさにカットしました。

お客様はガラスを交換すればそれで終了と思っていたようですが、
<メーター内部>
CIMG9547_2.jpg
中の機械を外してみるとやはり細かいガラスの破片が沢山、ギヤーに付着していました。
これを取り去る作業をしなければメーター本体が壊れてしまします。
メーターをばらばらに分解してオーバーホール。
それを組み上げてやっと完成です。

<修理後>
CIMG9546_2.jpg
いたずらでガラスが割られただけですが、
終わってみれば大変な作業です。
これでまた安心してバイクに乗ってツーリングに行けるはずです。

皆さんもレンズを割ってしまったりいたずらされてしまったら、
そのまま放置しないで早めの修理をお勧めします。
それではまた・・・
posted by mobydick at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月27日

GENROQに載っています

こんにちは。
昨日は寒かったですね。
皆さん、風邪などひきませぬよう、十分気をつけてくださいね。
これからインフルエンザ、ノロウィルスなど厄介な奴等が控えているので、
手洗いうがいはキチンとしましょう!

さて、現在発売中の「GENROQ」1月号のP.193にモビーディックが出ています。
genroq201501-c.jpg
genroq201501-p.jpg

今号はスペシャルショップ特集ということでした。
NSX、ディアブロ、イヴォーグ、S54系プリンス・スカイラインGT-B(旧車)などの
サンプルが載っています。
参考にしてみてください。

メーターが故障したらディーラーに行く前にまずはお声掛けください。
ついでに自分好みのメーターにカスタムしちゃうのも楽しいですよ!

それではまた・・・
posted by mobydick at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月22日

トヨタ スープラ メーターカスタム

こんにちは。
トヨタ自動車が米国でレクサスの一部車種をリコールしましたね。
「原因は燃料漏れが発生し火災につながる恐れがあるから」、らしいのですが、
今のところ火災や怪我はないとの事です。
対象となるのは2007─10年型の「レクサスLS」、
および2006─11年型の「レクサスGS」と「レクサスIS」
の合計42万2509台のようです。
火災や怪我がなく本当によかったですよね。
タカタの件もありますが、最近はリコールが多いですね。

さて本日のメーターのお題は、
トヨタ スープラのメーターカスタムです。
スープラといえば、
トヨタ自動車が1978年から2002年まで製造・販売していたスポーツカーですね。
日本国内向けは2代目までセリカXXという名前でトヨタカローラ店から販売され、
3代目から北米仕様と同じ「スープラ」となりましたね。
3代目の1986年から2002年までの累計生産台数は28万5,280台。
搭載エンジンは、初代から通して直列6気筒のみです。
中々の経歴ですよね。

そんなスープラのカスタム内容は、フルスケールの変更となります。
それではカスタム前のメーターを見てみましょう。
<カスタム前>
CIMG9510_2.jpg
いつも通り180キロのメーターですね!
スポーツカーというのだからもう少し振ってくれててもいいと思いますね。。。
やはり物足りないということなので、
フルスケールの変更をしてしまおうと思い立ち、
お客様はこのモビーディックを探しあててくれたようです。

そんなお客様にご満足していただく為、
モビーディックは全力でご要望に応えました!
そして出来上がったメーターがこちらです。
<カスタム後>
CIMG9522_2.jpg
フルスケールが340キロになりました!
これならスポーツカーという感じになります!
お客様に出来上がった後、「出来が良かった」とのお言葉を頂けました!
全力を尽くした甲斐がありました!
ご満足いただいて本当によかったです。

今年も後一月ほどですね。
年越し前にメーターの修理、カスタムなど皆様どうでしょうか?
モビーディックはお待ちしております。
それではまた。。。
posted by mobydick at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月15日

ホンダ NSX メーター加工

こんにちは。
セブンイレブンが14日に人気アニメ「エヴァンゲリオン」とのコラボキャンペーンで
スポーツカーの注文受付を開始しましたね。
午前10時1分の開始からわずか2時間で54件の注文があったそうですよ!
そのスポーツカーの値段がなんと1,600万円だというじゃないですか!
やはり好きな人は何としても欲しいのですね。。
この車は光岡自動車の「オロチ ゴールドプレミアム」をベースにデザインしたようです。
インターネット上では内装の画像が見つからなかったのでメーターがどうなっているかはわかりませんでしたが、
ノーマルのままの状態であれば是非モビーディックで「エヴァンゲリオン」風のメーターにしたいですね。

さて本日のメーターのお題は、
ホンダNSXのメーター加工です。
加工内容はスピードメーターのフルスケール変更です。
では変更前の画像を見てみましょう。
<加工前>
CIMG9512_2.jpg

純正通り180キロメーターですね。
やはりNSXにしては少し物足りない感じがしてしまいますね。
目盛の幅が大きい気がします。。。
ではそれを直してみましょう。
出来上がったメーターがこちらです。
<加工後>
CIMG9517_2.jpg

「“THE NSX”っっ!!」って感じがしますよね。
NSXなら300キロまで欲しいですよね!
でも普通に数字を振ると文字盤に入らなくなってしまうので、
数字の大きさを変えなければならないのです。
そこもカッコいいと思います!

皆様も自分好みのメーターにしてみませんか?
それではまた。。。
posted by mobydick at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月08日

ホンダCB750 メーターリペア

こんにちは。
11月に入り一気に寒くなりましたね。
今年も後2カ月切ってしまいましたね。
1年あっという間です。。
今年に入って、、というより最近ですが、
イラストレーターを始めたと前の記事に書きましたね。
今は目盛やら数字のトレースをするので手いっぱいですが、
少しできるようになり楽しくなってきました。
頑張ってマスターします!

さて本日のメーターのお題は、
ホンダCB750のメーター修理と再塗装です。
やはり寒くなってきたのでバイクのご依頼が多くなりますね。
モビーディックとしてはとてもありがたいことです!
修理の内容としては軽度でしたがシャフトのガタがありました。
ほんの少しガタがあるだけで針は振れるし異音がしてきます。。
これを放置してしまうと内部で負荷がかかりすぎてしまい
針が一周して動かなくなってしまいます。
バイク乗りの皆様ならこの現象見たことがあるのではないでしょうか?
さてでは修理前のメーターを見てみましょう。
<修理前>
CIMG9471_2.jpg

見た目ではわかりませんが、
タコメーターはオーバーホールで済む程度でしたが、
スピードメーターが少し危険な状態でした。
スピードメーターはタコメーターに比べてオド、トリップを動かしているので
その分負荷がかかってしまうのです。
アナログの昔のメーター程緻密にギアが動いてます!
このメーターを修理、オーバーホールした後にカバーの再塗装をします。
カバーは錆びがあればあるほど塗装する際に色が乗らないので困ります。。
塗装して色が乗らなかったところを乗るようにして塗装して。。。
の繰り返してです。
その繰り返しの作業を行って完了したメーターがこちらです。
<修理後>
CIMG9497_2.jpg

どうです?カバー綺麗になってませんか!!?
これで冬が終わり春になって、
新品同様なメーターで走ることができますね!
皆様も来年の春になる前に修理しておきませんか?
メーターの事なら何でも相談に乗るのでいつでもお問い合わせ下さい。
メーターの修理、カスタムなんでもお待ちしております。
それではまた。。。
posted by mobydick at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月01日

BMW R60/5 スピードメーター修理

こんにちは。
昨日10月31日はハロウィンの日でしたね。
少し前までは日本では全く浸透していなかってけれど、
ここ数年で10月の最終週あたりになると、
仮装をした集団を見かけるようになりますね。
ハロウィンの時期にディズニーランドやシーに行くと、
仮装だらけで普通の格好で行くと逆に恥ずかしくなりそうですね。
皆さんはハロウィンの時期にそういったパーティ等はやりましたか?

さて本日のメーターのお題は、
BMW R60/5のスピードメーター修理です。
BMWといっても車ではなくバイクです。
ではどういったバイクなのでしょうか!!?
1968年に発売されているようで、同時にR75/5も発売されているようです。
同時に発売されたR75/5にフラッグシップの座を譲ってしまっているみたいですね。
しかしR60/5は、メカニズム的には上位モデルと比較しても遜色ない進化を遂げていて
BMWとしては初のサイドカー装着を想定しない車体設計などなど、
基本設計や装備品に関しては前代未聞といえるほど進歩的な考え方を取り入れていたようです。
そんなBMW R60/5のメーターを見てみましょう。

<修理前の画像>
CIMG9460_2.jpg
やはり1968年に発売とあって経年劣化は仕方ないですよね。
ガラスも曇ってしまっているし、全体的に年季が入っている感じです。
修理相談内容としてはスピードメーターの針振れが酷いとのことです。
この画像だけではわかりませんね。
では分解して中身を見てみましょう。

<メーター内部画像>
CIMG9466_2.jpg
錆び錆びですね。。。
これなら針振れも納得です!
むしろ針振れでよく済んだなーって感じもします。
ながーく乗っているとバイクもメーターも
同じようにガタがきてしまいますね。。
これまでも頑張ってくれましたが、
まだまだ頑張ってもらうためモビーディックは全身の凝りをほぐすように再生を試みました。
そして完成した画像がこちらです。

<修理完了後の画像50キロ付近>
CIMG9468_2.jpg
<修理完了後の画像100キロ付近>
CIMG9469_2.jpg
針振れもなく正常に動いてくれてます。
50キロでも100キロでも問題ありませんでした!
もちろん他のスピードでも大丈夫です!!
これでBMW R60/5はまだまだ現役で走り続けてくれます。

そろそろ気温も下がってきて、
バイクのシーズンも終わりに近づいてきてますね。
次のシーズンになる前に
バイクメンテナンスと同様にメーターのメンテナンスもしておきましょう!
走った時に異音や針振れがあったら悲しいですよ。
それではまた。。。
posted by mobydick at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記