メーター修理・加工のモビーディック

2015年08月29日

ポルシェ964 メーターカスタム

こんにちは。
雨の日が続いていますね。
気温も低くなってきて夏も終わりですかね?
気づいたらもうすぐ9月になります。
一年早いものです。
あっという間に12月になり、また年を越しそうですね。。。
ちなみに私は今年の年始はインフルエンザで寝込んでました。。。
来年は元気でいたいものです。

さて本日のメーターのお題は、
ポルシェ964のメーターカスタムです。
オーナー様からご依頼いただいてメーターが届いた時は
メーターリムが凹んでいたのでこれは早急に手をつけなければ!!
と思い作業させていただきました。

ではそんなポルシェ964のメーターを見てみましょう。
<カスタム前>
IMG_0699_2.jpg

下の部分が凹んでしまっていますね。
高級車なのでこのようなことがあると気持ちも凹んでしまいますね。。
オーナー様にはこのリムの修理と同時に、
文字盤のカラーカスタムもご依頼いただきました。
タコメーターだけ色が違うというのもお洒落ですよね。

ではカスタム後のメーターを見てみましょう。
<カスタム後>
IMG_0698_2.jpg

見事にカラーチェンジしました。
そしてこのポルシェのロゴです!!
前からタコメーターのこの空間が気になっていました。。
メーターから「ロゴを入れてくれ…」ってずっと囁かれている気がしていたのです。
メーターもレッドになり、レッドメーターと呼べばいいのでしょうか?
ホワイトメーターはよく聞きますがレッドメーターって聞いたことないかもしれません。
しかしポルシェに良く合いそうな色合いですよね。
これなら街中を走っていても気持ちがよいし、メーターを見てお洒落だなって思われますね!

皆様もメーターの修理はもちろんカスタムも是非ご相談ください。
自分だけのオリジナルのメーターを作りましょう。
それではまた。。。
posted by mobydick at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月22日

スズキハヤブサ メーターカスタム

こんにちは。
8月20日に甲子園の優勝が決まりましたね。
東海大相模が仙台育英を10対6でくだし2度目の勝利でした。
今年の甲子園も色々な名選手が生まれましたね。

さて本日のメーターのお題は、
スズキハヤブサのメーターカスタムです。
ハヤブサと言えば純正のメーターでも、
300km/hまでフルスケールが刻んでありますよね。
名称のハヤブサは、
小型の猛禽類であるハヤブサが300km/h以上の速度で飛ぶことができることや、
食物連鎖の頂点に位置していることから、
最高速度300km/hを超える性能を持って君臨するようにと名づけられました。
最初期モデルはスピードメーターの目盛が350km/hまで刻まれていた、
ということのようですよ。皆さんご存じでしたか?
最初期モデルのスピードメーターの目盛が、
350km/hまで刻まれていたっていうことに驚きですよね。
ではそんな頂点に君臨しているハヤブサのカスタム前のメーターを見てみましょう。
<カスタム前・全体>
IMG_0659_2.jpg
<カスタム前・スピードメーター>
IMG_0663_2.jpg
先ほど言った通り300km/hまで刻んでありますね。
確かにその他のメーター等に比べると驚異的ですよね。。。
しかし頂点に君臨できるとなると、、、どうかな?どうでしょうね?
やっぱり最初期のメーターが頂点に君臨できると思うんですよね。
今回のカスタムはスピードメーターのフルスケール変更です!
ここまで書いてあったら何km/hにするかわかっちゃいますかね?

それではカスタムしたメーターを見てみましょう。
<カスタム後・全体>
IMG_0681_2.jpg
<カスタム後・スピードメーター>
IMG_0694_2.jpg

あれだけまくしたてておいてまさかの360km/hです。
過去の頂点など置き去りにしてしまいましょう!という意気込みですよね。
この夏の暑い気候に走ったら気持ちいいですよね。
でもスピードの出しすぎには注意してください。
絶対に本当の風にならないでください。
それではまた。。。
posted by mobydick at 11:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月15日

スープラ メーター加工

こんにちは。
皆さんお盆休みで色んなと所へお出かけになっているんでしょうね。
弊社モビーディックの周りはいつもの活気は影を潜め、
静かな日々が続いています。
ただ、それもあと数日、また慌しい生活が戻ってきます。
スイッチを切り替えていつもの日常に戻って頑張りましょう!

さて本日のメーターのお題はトヨタスープラのスピードメーターフルスケール加工です。
この車、日本では1978年セリカXXの名前でデビューしました。
しかし、当時のアメリカでは「Xの列記」が映画の成人指定度合いを示すため、
北米を含めた全ての輸出車は「Xの列記」を避けスープラと命名し発売したそうです。
みなさん知ってましたか?
日本では1986年に登場した3代目からスープラの名前で販売されました。
今回のこのメーターはこの3代目スープラの後期型になります。
加工依頼はスピードメーターのフルスケールを、
180キロから320キロに変更したいとのことです。
<加工前>
IMG_0540_2.jpg
このメーターは皆さんがよく見る日本の車の180キロスケールのメーターです。
でも180キロのメーターでは何だか物足りないというオーナー様は大勢いらっしゃいます。
そこでモビーディックの登場になります!

いつものようにまずは文字盤を作成します。
ただそれだけではスピードが合いません。
メーター内部の基盤の一部を交換します。
そしてやっと320キロのフルスケールメーターの完成です!
<加工後>
IMG_0559_2.jpg
IMG_0562_2.jpg
どうです?見事に変身したこの姿。
このメーターを装着して颯爽と街中を走る姿を想像してみてください!

皆さんもメーターにもっと関心を持って、可愛がってあげてくださいね!
モビーディックはカスタムだけでなくメーター修理もお任せ下さい。
それではまた・・・
posted by mobydick at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月08日

ポルシェ930ターボ メーターレストア

こんにちは。
暑い日が続いていますね。
こんな暑い日には海水浴をしたいところですが、
なんと茨城の海水浴場でサメが見つかったようですね。。。
3日に3匹発見されて、7日には16匹も見つかったそうです!
中には4mクラスのメジロザメもいたそうです。
流石に遊泳禁止になりますが、
禁止になる前に泳いでいて見つけてしまったら恐怖そのもの以外にありません。
涼しくなることはなりそうですが、そんな冷涼方法は嫌ですね。。。

さて本日のメーターのお題は、
ポルシェ930ターボのメーターレストアです。
930は1974年〜1989年の間に発売されていた車です。
こんな前のポルシェってなんかいいですよね。
40年程前の車なのに持っている方々は外装を綺麗にして乗っているイメージがあります。
しかしメーターはそうはいきません。どうしても経年劣化してしまうところがあります。
ではどうなっているか見てみましょう。

<レストア前>
IMG_0629_2.jpg
画像からでもタコメーターの文字盤が黄ばんでしまっているのがわかりますね。。。
実物をみると実はタコメーター以外のガラス等も汚れていました。
車はピカピカなのにメーターがこんな感じだと嫌になってしまいますね。
なのでモビーディックはその車に合うようにレストアします!

出来上がったメーターがこちらです。
<レストア後>
IMG_0632_2.jpg
どうです?ほかのメーターと見劣りしませんよね?
これでまた気持ちよく走れるはずです。

暑い日が続いていますので皆様夏バテにはお気を付け下さい。
それではまた。。。
posted by mobydick at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月01日

ホンダCB72 メーターレストア

こんにちは。
毎日、毎日、暑い日が続きますが、
皆さんくれぐれも熱中症には気をつけてくださいね!
本日、モビーディックの近くでは、
戸田の花火大会が行われます。
私も観に行きたいのですが何せ半端ない来場者でごった返していると思います。
そこに行く勇気と根性が無くなってしまているのが現状です。
家の外から聞こえてくる花火の音で我慢します。
さみしー

さて本日は、
ホンダドリームCB72スーパースポーツ(長いネーミングですね)の事例紹介です。
このバイクは1961年11月当時のスポーツライダー達の夢と共に、
満を持して発売されました。
あれから54年の年月を経ながら現在も活躍し続ける姿には脱帽致します。
そんなバイクのメーターをレストアしてほしいとの依頼が舞い込んできました。
モビーディックと致しましてはこんな光栄なお仕事をお受けできるなんて嬉しい限りです。
早速メーターを分解してスピードメーター・タコメーターのオーバーホールを開始致しましたが、
中の機械部分は驚くほど程度の良いものでした。
それでも何十年もお手入れをしていないので、
ギアーのこすれる部分は流石に油がなくなっている状態でした。

全てのオーバーホールが終了したら、次は文字盤の作成です。
これが加工前のメーターです。
<加工前>
IMG_0587_2.jpg
そこそこ程度の良いメーターです。

そして完成したメーターがこれです
<加工後>
IMG_0627_2.jpg

やはり比べてみると、
加工前のメーターはやはり劣化が進んでいたことが分かりますね。
どうです見事に復活したと思いませんか。
これでまた54年前の新品時にタイムスリップ!

皆さんのバイクのメーターもタイムスリップしてみませんか?
モビーディックがお手伝い致します
それではまた・・・
posted by mobydick at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記