メーター修理・加工のモビーディック

2015年09月26日

フェラーリ599 メーターカスタム

こんにちは。
シルバーウィークが終わってしまいましたね。
木・金を休みにしている方は、
明日(9/27)までがシルバーウィークになるのでしょうか?
シルバーウィークは晴れて、いい休み日和でしたね。
木・金は雨が降り、また土・日は降らないといい天気です。
皆様はどこかお出かけとかはしましたでしょうか?
また月曜日から張り切っていきましょう!

さて本日のメーターのお題は、
フェラーリ599のメーターカスタムです。
599という名の由来は5,999ccのエンジンを搭載することからとのことですよ。
5,999ccのエンジンというのもまたスゴいですね。。。
そして今回カスタムの内容と言うのが、
フェラーリ599GTOと同じメーターにしてほしいとの事でした。
GTOといえば
フェラーリ曰く、
「フィオラノサーキットにおいて、
 エンツォ・フェラーリよりも1秒速い1分24秒で駆け抜け、
 当時フェラーリ史上最速のロードカーとされた。
 最高速度335km/h、0-100km/h加速3.35秒の性能を誇る。」
と言う説明があるほど当時最速だったのですね。
ではGTOにする前のメーターを見てみましょう。
<カスタム前>
IMG_0756_2.jpg
「THE フェラーリ」!って感じのメーターですよね。

これをGTO仕様にするとはどんな感じになるのでしょうか?
フェラーリもメーター等をみると若干違っていたりするものですものね。
ではそのモデルチェンジしたメーターを見てみましょう。
<カスタム後>
IMG_0764_2.jpg
こうみるとガラッと変わっていますね。
フォント、色、フルスケール、この配色は中々モビーディック好みです。
このメーターだけみると
「フェラーリ599GTOは赤い車なのかな?」
って思ったりしてしまいますよね。
モビーディックではオーナー様の車の色まではわからないので、
いつもメーターの色を見てオーナー様の車の色はこんな色かな?
って想像しております。
当たっていると少し嬉しい気分になります。。

それではまた。。。
posted by mobydick at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月25日

GENROQに載っています

こんにちは。

ラグビー日本代表“ブレイブブロッサムズ”の南アフリカ戦、
皆さん見ましたか?
「ジャイアントキリングがない」というのが定説のラグビー、
その勇気で、勝利を信じる心で、見事にその定説を崩してくれました!!!
最後のプレーの選択で、
ペナルティゴールで同点を狙うのではなく、
敢えてトライの5点を狙い、勝ちに行く!!
それまでの魂のこもった試合運びで、
目の肥えたイングランドの観客も味方につけ、
この試合を見ていた世界のTV視聴者の多くも味方してくれていたでしょう。
世界中の後押しの絶叫・咆哮を受け、トライ!!堂々の大勝利!!!
いやー凄い!!素晴らしい!!!
スコットランド戦は残念ながら負けてしまいましたが、
残り2戦、応援し続けます!

さて、本題です。
現在売られているGENROQ誌の11月号、P.203にモビーディックが出ています。
今回は、
・マクラーレンSLR
・W113型SL
・ポルシェ930
などのケースを紹介しています。
是非、参考にしてください。
genroq201511-c.jpg
genroq201511-p.jpg

…読み返してみると、
前置きに比べて本題がアッサリめ(温度差すげぇ)ですけど気にしないでください。

それではまた。。。


posted by mobydick at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月19日

スズキ カタナ メーター修理

こんにちは。
9月も中旬になり、段々ひんやりするはずですが、
まだまだ暖かいですね。
数日前は気温がぐっと下がり寒かったので、
次の日少し着こんだら中々暑く、困りました。。
今の時期、皆さんも着る服に困るのではないでしょうか?
そろそろ衣替えですかね?

さて本日のメーターのお題は、スズキ カタナのメーター修理です。
カタナのメーターで一番壊れやすいところが針なんですよね。
他のメーターで同じように針が折れていると、
内部も大体壊れていることが多いのですが、
カタナだと針のみが折れている場合も多いです。
針の劣化が早く壊れやすいのかわかりませんが、
愛用している方からすると問題ですよね。。

では今回はカタナのメーターの修理と言うことなので、
どこが壊れているのか見てみましょう。
<修理前>
IMG_0705_2.jpg

さきほど言った通り、針がポッキリいってしまっていますね。。
お客様からのご依頼は以下の通りでした。
・針の修理
・文字盤の修理
・内部が壊れているようだったら修理
先ほどカタナは針だけ折れていて内部は正常な場合が多いと書きましたが
今回はそう甘くなく、内部もそこそこ修理が必要でした。
問題は針の修理です。。。
タコメーターの針が折れてしまっていて、修理は不可の状態でした。
修理ができない場合は、
当社にストックしてある針をつけさせていただいています。
しかしストックしてある針がスピードメーターと色が全く違います。。
となるとスピードメーターの針も再塗装が必要となるのです。
再塗装が必要ということは・・・・?そう針を抜かなければなりません!!
そして針はとても折れやすく、このカタナのメーター中々針が抜けません。
しかし抜かなければ作業できないので慎重に慎重に抜き、塗装しました!
そして出来上がったメーターがこちらです。
<修理後>
IMG_0741_2.jpg

綺麗に塗装されているでしょう?
塗装したので強度もあがり、壊れにくくもなっています!
文字盤も劣化しているところは修正してあるし、
これで気持ちよく走れますね。
もちろん内部も修理完璧です!

さてさて針のストックがなくなってしまったということなので困っています。。
針が欲しい・・・しかし中々手に入らない・・・どうしよう・・・
と考えたところ、作ってしまえと思いました!
そんなこんなで、どなたか3Dプリンタについて詳しい方はいらっしゃいませんか?
そんな高度な事ができるものではなく、真っすぐな針ができればいいのですが。。
もし知識がある方はモビーディックにご連絡を!!!!

それではまた。。。
posted by mobydick at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月12日

ホンダCBX400F メーター修理 後編 + 臨時休業のお知らせ

こんにちは。
先週モビーディックでいつも使っていたプリンターが壊れてしまい、
新しいものを買おうかと悩み、
せっかくなので色んな機能が使える複合機をネットで探し中古で購入致しました。
到着したのが昨日の11日で、
使用方法等を含め丸一日かかってしまいました。。。
色々便利な機能が付いているのは良いのですが
使いこなせません!!!
まぁ使って日にちも全然たっていないので、
使っていれば慣れてくると思います。

さて本日のメーターのお題ですが
先週に引き続きホンダCBX400Fのメーター修理の続きです。
先週は壊れている中身の事をブログに書きましたね。
タコメーターのシャフトの部分がむき出しになってしまっていて、
メーターとしての機能を果たしていませんでしたね。
さてさて、そんなメーターが本日はどうなってしまったのか
続きを書いていきましょう!
では1週間経ったホンダCBX400Fのメーターがこちらです。
<メーター画像>
IMG_0734_2.jpg

どうでしょうか?、、、皆様にそこじゃないだろうが!!
って言われてしまいそうですね。。。
先週、前面画像を載せましたが特に壊れている様子は見れませんでしたものね。
そう!問題は後ろの画像ですよね。
では少しジラしたので後ろを見てみましょうか!
<メーター画像・裏面>
IMG_0736_2.jpg

大丈夫そうな雰囲気がありますよね。
全体画像なので肝心なタコメーターの方が少し見えにくいかもしれませんね。
ならばタコメーターをアップで見てみましょう。
<タコメーター修理後>
IMG_0735_2.jpg

きちんとくっついています!
修理前はシャフトが飛び出してしまっていました。。
激しい衝撃があったのかな?と思うくらい中身が歪んでいました。
針を動かすカップも歪んでしまっていましたが、
こちらも平らになるように修正し並行に回転しています。

まっすぐになったメーターカップがこちらです。
<メーター内部>
IMG_0733_2.jpg
全く歪んでいませんね。
中身をここまで書いたのは初めてかもしれないです。
メーター内部はパッと見単純で簡単そうに見えますが、
ミリ単位で歪んでいたりしたら針は正常には回ってくれません。
そこを真っすぐに修正し元通りにするのがモビーディックの仕事です。

錆び錆びになってしまったり歪んでしまったりと色々症状はありますが
諦めずに修理に出してみましょう!
愛着あるものが壊れてしまったら悲しいです。
モビーディックならそのメーターを直して見せます!

ホームページにも書いてありますが【9月21日は臨時休業】とさせて
いただきます。大変申し訳ございません。

それではまた。。。
posted by mobydick at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月05日

ホンダCBX400F メーター修理 前編

こんにちは。
最近は夏らしさが姿を潜め秋らしさが出てきましたね。
しかし今週の前半は少し涼しい感じがしましたが、
後半はまだまだ暑かったですね。
この時期は温度差が激しいので体調管理に注意ですよ。
しかしずっとすぐれない天気ですよね。。。。

さて本日のメーターのお題は、
ホンダCBX400Fのメーター修理です。
タイトルに前編と書かれていますが完成の後編は来週になります!
このブログを書いているのは修理の真っ最中で、
必ず直してやるという意気込みでいっぱいです!
状態は中々酷いものです。。。
それではそのご依頼していただいたメーターを見てみましょう。
<修理前・前面>
IMG_0706_2.jpg

一見、
「あれ?どこも壊れているところがないじゃないか!!?」
って思いますよね?
問題は後ろ(裏面)にあります。。。。
ではその画像を見てみましょう。
<修理前・裏面タコメーター>
IMG_0707_2.jpg

見た瞬間、あぁーって声が漏れましたよ。。
これではちゃんとケーブルを指せないですよね。
しかし鉄の塊をここまでねじ切るとはすごい力です!
こちらはタコメーターでしたが、
スピードメーターはここまで酷くはなかったです。
それがコチラ↓です。
<修理前・裏面スピードメーター>
IMG_0708_2.jpg

汚れてはいますが、何とか動いてくれそうです。
しかしタコメーターがこの状態なので少し点検してみたら、
そこまで大損害ではありませんでしたが修理の必要はありました。
このまま乗っていたら直ぐに不具合が出てしまうという感じでしたね。
ちなみに両方、中を確認した結果、
針を回す為のカップがこんなことになっていました。
<修理前・カップの状態>
IMG_0715_2.jpg

左がタコメーターで右がスピードメーターなのですが、
若干左のタコメーターの方が傾いていますよね?
この少しの差でもメーターはきちんと作動してくれません。。。
このメーターをこれから直していきたいと思います!
来週まで皆様お待ちください。

それではまた。。。
posted by mobydick at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記